メール一覧に戻る
配信日:2013/02/07
集合意識メルマガ・No Problem (Vol.82)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■集合意識メルマガ・No Problem■
                       Vol.82 2013. 2. 7
      
         <http://ayasunrise.seesaa.net/>  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<INDEX> 

◆ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)
◆RumichiのスピリチャルBookレビュー Vol.74 (Rumichi)
◆あなたはわたし。わたしはあなた。
Vol.77「銀河の月と銀河スピン」(Naomi)
◆”からだ” (yurara)
◆美への道 (TOMO)
◆編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)

◇◆旅先のホテルの部屋の使い方◆◇

みなさま!
こんにちは∞

まだまだ厳しい寒さが続きますがお元気でお過ごしでしょうか?

私は、一昨日から宮城県におじゃましていました。昨日は仙台で初め
ての対面解読をいたしました。

2011年3月12日に仙台の対面解読を予定していましたが、前日の11日
に震災があり中止いたしました。あれから丸2年が経とうとしています。

昨日の対面解読で宮城や岩手のみなさまにお会いできて本当に嬉しく
思いました。

このように私は、月の半分は出張などでホテルに宿泊していますが、
おかげさまで風邪もひかず元気で仕事をしています。

今回は、私が出張先のホテルで宿泊する際に気をつけていることなど
をお伝えしてみたいと思います。

私がホテルの部屋に入る時、よろしくお願いします。とお部屋に声を
かけます。一晩泊まるだけでも、私の家だと思い親しみを感じるよう
にしています。

スリッパと寝間着は持参することにしています。その方が自分の家に
いるように落ち着きます。

私は常に荷物の中に銀イオンスプレー、と除菌ウェットティッシュ、
アロマなどを携帯しています。これらを混ぜて、お部屋を拭きます。

主にドアノブ、冷蔵庫の取っ手、ハンガー、テレビのリモコン、電話、
ドライヤー、電気のスイッチ、椅子などです。バスルームも洗面所の
水まわり、便器の周辺などをさっと除菌いたします。最後は空気中に
銀イオンをスプレーいたします。

神経質と思われるかもしれませんが、感謝と浄化の気持をこめていま
す。これで部屋のエネルギーがガラッと変わります。

ホテルを選ぶ時は、掃除が行き届き、空調にも配慮した清潔なお部屋
を提供しているホテルを選びます。

せっかくきれいなお部屋に泊まるのですから、チェックアウトの時も
お掃除の方がなるべくしやすいように部屋を片付けて出て行くように
しています。特にバスルームではシャンプーの時、髪の毛が散らから
ないよう気をつけています。

このように自分なりのルールを作ってホテルを利用しています。

この頃は各地のホテルに詳しくなり、宿泊候補のホテルも増えて、快
適に宿泊しています。

今年も全国のみなさまにお会いするのを楽しみにしています。


☆感謝☆Junescene〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■RumichiのスピリチャルBookレビュー Vol.74 (Rumichi)

みなさん〜雪景色の八ヶ岳からこんにちは〜♪こちらの地域では寒い
中でもたくさんのイベントが開催されていますが、先日、非電化工房
の藤村靖之さんの講演に参加してきました。

『非電化思考のすすめ』(WAVE出版/藤村靖之)

以前も藤村さんの著作「月3万円ビジネス」をレビューしたことがある
のですが、講演を聞くのは初めてでした。藤村さんは世界的な発明家
で、特に注目されているのは“電気を使わない非電化製品”の開発で
す。放射熱を利用した非電化冷蔵庫(モンゴルで大人気)や除湿機、掃
除機、コーヒー焙煎器など環境に負担をかけず、かつ「正しいこと、
でなく、愉しいこと」で地域や仲間をつながるためのアイデアを提供
してくれるパイオニアでもあります。

いま日本中で、「知ること・つながること・自分でつくること」が合
言葉になっていることを実感している藤村さん。3.11以降、発明家の
仕事である「人の心の奥底にある幸せに形を与える」ことの重要性を
より強く感じているそうです。

「(そんなに)電気がなくても愉しく、オシャレに暮らせる」さまざま
なグッツや考え方、「エネルギーとお金を使わないで得られる豊かさ」、
北米インディアンのように「7世代先にいいこと」を基準にする生き方、
など、オートマチックな現代の生活に慣れた私たちにもう一度、“時
間をかけて、人とつながり、自分で考えること”ができる『非電化思
考」をおすすめしてくれます。

参加した講演会での話が凝縮されているのが本書でありますが、電気
生活に依存した私たちにも、決してお説教っぽいところは一切ありま
せん♪むしろ、“愉しそう!”“なるほど、世の中はこういう風に進
んでいたのか…!”と社会の仕組みを知り、非電化思考への具体的な
入口が見えてくることでしょう。

放射能汚染、電力不足、環境破壊…私たちが直面している大問題も、
ひとりひとりが愉しく暮らすことで、解決されていくのだと明るい希
望を見出せる一冊でした。



Rumichiのブログ:http://ameblo.jp/spiritual-way/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あなたはわたし。わたしはあなた。

Vol.77「銀河の月と銀河スピン」
 
みなさま、インラケシュ☆
 
“KIN209 赤い磁気の月”のNaomiです。

今日から8番目の月「銀河の月」が始まりました。

今日は「KIN255 青い銀河の鷲」で、
「銀河の」が重なり【魔術のカメの日】と呼ばれる日です。

13の銀河の音のフラクタルな構造(時間の尺度)については
前号で少し触れました。

銀河のキーワードは、
「完全性(Integrity)」「調和させる(Harmonize)」「かたどる(Model)」
今日はこのエネルギーがさらに高まる一日です。

また、太陽の紋章「青い鷲」のキーワードは、
「ヴィジョン(Vision)」「創り出す(Creates)」「心(Mind)」

大空を優雅に飛ぶ鷲。
地上を見下ろし、いったい何を思うのでしょう。

彼らは私たち人類にとって進化の方向、
つまり高次の意識へと導いてくれる存在の象徴でもあります。

今月は、自ら信じる行いを今一度振り返り、
銀河と調和を奏でるべく、
美しいエネルギーを宇宙に拡張させていきましょう!

さて、今月は4日(G暦2/10)新月、旧元日を迎えます。
続けて旧七草、旧小正月・・・とやってくるわけですが、
もうみなさんは月の形も一緒にイメージできるのではないでしょうか。

そして、銀河の月7日(2/13)で260日周期ツォルキンが一巡しKIN1となり、
新しい周期に突入します。

ツォルキンでは1周期のことを「スピン」と呼びます。
直線ではなく、
螺旋状に上昇する時間軸をこの機会にぜひ感じてみてください。

また、一つ目のウェイブスペル(KIN1〜KIN13)が完了し、
二つ目のウェイブスペルに移り変わるとき、
月は満月を迎えます。

こうして宇宙の周期がいくつも折り重なるたびに、
私たちは銀河と意識を合わせることができます。

どうぞ素敵な28日間をお過ごしください。

全国のコズミック・ダイアリー関連イベント情報はこちら
http://www.cosmic-diary-internet.com/event/


コズミック・ダイアリー公式講師
Naomi(KIN209 赤い磁気の月)
目的 ひとつにする 引きつける
普遍的な水 清める 流れ
E-mail:naomi_kin209@yahoo.co.jp
【Cosmic Blog】http://cosmic-diary-internet.com/member52/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■“からだ”(yurara) 

こんにちは よいお日和ですね。
yuraraです 皆さん、お変わりありませんか?

* * *

先日、からだゆらしのペアワークが終わった後に、一人の参加者が私
の横に来て話しかけて下さいました。

「最初に横になった時、自分の身体がTの字みたいに固まっていて、人
形みたいだったのに、ゆすってもらったら、身体の中が(右手で身体
の中の流れを表しながら)こんな風に流れ出しました。

昨日、髪の毛を洗っていなかったので、自分のからだを相手の人に預
けることにためらいを感じていました。でも、先生(私はここでは「
先生」と呼ばれています)が『あたまも預けていいですよ』と言われ
たのを聞いて、自分のあたまを相手に預けたんです。

そうしたら、ふわーっと息が深くなって、息がふかーくなって。息が
深くなったら、安心できたんです。

実は、家でいろいろあってパニックになってたんです。だから、話を
聴いてもらおうと思ってました。先生、こんなことを言うと悪いけれ
ど、家に帰ったら、このからだが元に戻るかもしれない。

それでもね、今、息が深くなって、家で起こったいろいろなことがた
いしたことじゃなかったって思えるんですよ。

(今まで自分を他人に預けられなかったけれど、)相手に自分を預け
たら、息がふぁーっと深くなって、普段は何も考えないで息をしてい
るけれど、あー息って大事だなぁって、はじめて思いました。」

変化に気づいた何人かの人がその人に、「気持ちよかった?」と尋ね
ました。すると、その人は「気持ちいいっていうのとは違う。よみが
えった!!!(笑)」と応えました。

からだをあずけて、やすらぐ。
息が深くなる。
イノチはよみがえる。

人は、自分一人ですべてができうるという存在ではなく、常に他人の
力をかり受けながら生き/生かされる存在。

常識的な立場や状況をこえて、人と人が出会い、関わり合い、ゆだね
合い、助けられ合っていくことが今、最も必要なことの一つだと改め
て実感しています。


HP〈からだゆらし〉http://karadayurashi.web.fc2.com/
(HPは、お手伝いの方が作成・運営して下さっています。もう5年に
なります。)

東京・神戸、他で実施している『からだゆらし』での感想文はこちらです。
参加者の方々の感想 http://karadayurashi.blog49.fc2.com/
お手伝いの方々の感想 http://yurayura888.blog.fc2.com/


( yurara )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■美への道

みなさまこんにちは。立春を迎え、東京は何となく春を感じる日が多
くなってきたように思います。いかがお過ごしですか?

さて、今日は「ホルモン」についてお話しさせて頂きたいと思います。

ここ数年、多くの女性誌で取り上げられている「ホルモン」
年齢に関係なく美しい女性が増えているのも、美意識高い女性達が体
内環境やメンタル面からのアンチエイジングに注目を始めたからだと
言われています。

ホルモンとは「内分泌系」=私達の身体の生理活動を正常に保つため、
代謝を行い、各細胞や器官の働きをコントロールする化学物質のこと。

解剖学的にホルモンを見ていくと、70種類以上もあるのですが、ここ
では、私達が美しく、健康で生きていくために知っておいた方が良い
(意識した方が良い)ホルモンについて考えていきたいと思います。

*成長ホルモン
最近では、「若返りホルモン」とも言われ、美容界で注目を集めてい
ますね。

成長ホルモンは、その名の通り、人の成長に関する作用や、代謝をコ
ントロールする働きがあります。骨や筋肉を造ったり、細胞分裂を促
し、細胞の増殖や、成長を促進させる大切なホルモン。私達の身体が、
子供から大人になる成長期には、この成長ホルモンが骨や軟骨、筋肉
の成長に大きく関与していたのです。

また、成長ホルモンは、炭水化物、糖質、脂質などの栄養素の分解や、
血糖値低下防止、カルシウム濃度の安定など、私達が生きていくうえ
で不可欠な体内での作用をスムーズに行うための大切なホルモンです。
そして、代謝を担うこのホルモンは、皮膚や毛髪、汗、脂肪燃焼に大
きな関係があります。ところが、この成長ホルモン、幼児〜成長期に
は分泌量が多く、代謝、成長、燃焼に多く使われ、生産と消費のバラ
ンスをとっているのですが、年齢とともに分泌量が減り、代謝、燃焼
の効率が低下してしまいます。

仮に20歳を100とした場合、40歳ではその生産量はその半分になる
と言われています。これで、20代のお肌と、40代〜のお肌に違いがあ
るのも納得ですね。

そこで、年齢を重ねても生産し、その分泌量の低下を食い止める方法
があるのでご紹介します。

成長ホルモンは
1.「期待」する感情で活性化します。
例えば、子供は何にでも好奇心を持ち、どんな小さなことでも楽しい。
といったウキウキした感情を持っていますよね。そのウキウキした、
「次には何が起こるかな?」という「期待」が成長ホルモンを活性化
させるそうです。

2.質の良い睡眠
成長ホルモンは、睡眠中に脳下垂体(間脳)から分泌されます。

「寝る子は育つ」と言いますが、ちゃんと理にかなっていますよね。
成長期にいくら栄養を摂って、運動しても、睡眠が十分でなければ身
体は出来ません。

ワクワクする事、睡眠は成長ホルモン、言いかえれば「若返り」の大
切なカギになるのですね! もうすぐ春です。ワクワクする事、何か
始めてみませんか?


TOMO
Web サイト http://www.muu-ah.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
  
みなさま こんにちは。中内です。

4月に、横浜のサロンでジュネシーンの対面解読を予定しています。
お申し込み受付は、3月上旬にブログにて開始する予定です。サロン
移転前の最後の開催になりますので、ご希望の方は、お見逃しのない
ようブログをチェックしてみてください。  

次回のメルマガは3月7日発行予定です。投稿もお待ちしています。
内容や文字数などの設定はありませんので、お気軽にご投稿下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【投稿・ご意見・お問い合わせ】 june_no_news@yahoo.co.jp

▼メールマガジンへの投稿
何でも結構ですので、お気軽にご投稿お願いします。

▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
http://junescene.com/noproblem.html

▼メールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://sv1.mgzn.jp/pub/mailList.php?cid=M007080

編集担当:中内

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼その他お問い合わせはこちらからどうぞ。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60215949

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行:Junescene
Copyright (c) 2006-2013 Junescene All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール一覧に戻る