メール一覧に戻る
配信日:2012/12/13
集合意識メルマガ・No Problem (Vol.80)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■集合意識メルマガ・No Problem■
                       Vol.80 2012. 12. 13
      
         <http://ayasunrise.seesaa.net/>  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<INDEX> 

◆ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)
◆あなたはわたし。わたしはあなた。 Vol.75「このときを超えて」(Naomi)
◆”からだ” (yurara)
◆美への道 (TOMO)
◆編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)

◇◆ありそうで、ないもの◆◇

みなさま!
こんにちは∞

先日、福岡で久しぶりにお会いした女性から「ジュネさん!私の発明
品が、本当に特許を取得しました。ぜひ使ってみてください!」と袋
に入った可愛い柄のミニエプロンをいただきました。

「よかったですね。おめでとう!」と開けてみると「シャンアラモー
ド」と製品名が書いてあり、『ありそうでなかった洗面台用ミニエプ
ロン』と書いてありました。

実家の母に使ってみてと渡すと、見るなりどこかに売っていそうな気
がすると言うのです。でも使い方を説明すると、やっぱりこれは今ま
でないわね。と言い、使ってみるとこれは便利ね、と喜びました。

まさにありそうでないものでした。せっかくなので、みなさまにこの
ミニエプロンをご紹介いたします。ご興味のある方は直接お問い合わ
せしてみてくださいね。

*********

皆様こんにちは。
佐野道枝と申します。

ミニエプロン「シャンアラモード」を考案製作したきっかけは、泡洗
顔が流行し、私も毎朝洗面台で首まで泡洗顔、朝シャンをしていまし
た。ところが家族から床が濡れてると指摘され、自分も洋服前方はビ
ショビショに濡れて不快でした。しかたないと思う反面、何か良い方
法はないかと考えていました。

ある時突然ひらめいて、首に巻くエプロンを製作してみました。
試作し使ってみると、気持ち良く使えました。

周りの方にも使っていただきましたら、
・服が濡れない。
・床が汚れない。
・毎日使用したくなる。
などの感想をいただきました。
「娘の成人式のお祝いの席で着物が汚れない様に使わせていただきま
した」など、うれしいお言葉も多くいただきました。

これを商品化して販売するには、特許を取りきちんとした形でやって
いこうと思いました。

そこで特許庁の法人を検索し、何度も何度も足を運び、面談で相談の
できる弁理士先生にご縁をいただき勉強いたしました。

製品が出来上がり、特許を出願したものの取得するか心配でした。私
自身これからも発明を続け世に出していけるか迷っていた時に、ジュ
ネさんと大切な出会いをいただき、H22年7月解読をお願い致しました。

「7月7日の世の中の変わり目に特許出願をした事は良かったです。き
っとうまく事が進みますよ」と言われ、H23年10月に念願の実用新案
取得(特許)をいただくことが出来ました。

ミニエプロン「シャンアラモード」は装着が簡単で、女性も男性もお
使いいただけます。淵に形状保持材を使用していますので、形を自由
に変形でき、洋服前方にエプロンを密着させずに使えます。

・泡洗顔で首まで洗い流せ、洗髪(朝シャン)の際も、洋服や床が濡
れません。(ロングヘアーはゴム止めなしでエプロンに挟めます)
・メイクの際も洋服に汚れが付かず、ネックレスも邪魔になりません。
・男性はネクタイをしていても洗顔、髭剃りなどができます。
・車椅子や介護等が必要な方も使用していただくと水の飛び跳ねなど
が無くなります。

「シャンアラモード」の材料は全て日本製です。生地は広島・京都か
ら柄を厳選し、1枚1枚丁寧に製作しております。

毎朝「シャンアラモード」を付け洗面台の前に立ち、明るく元気なス
タートをきっていただきたいです。

この度、皆様へ製品をお伝えする事が出来ましたことを深く感謝致し
ております。

<問い合わせ先>
トゥ‐ル・モンド  佐野
電話: 092-403-0888 (受付時間10時〜18時)
meil: totulemonde227@ybb.ne.jp
ホームページ: http://shamalamode.sitemix.jp/


(シャンアラモード考案者
トゥ‐ル・モンド代表 佐野道枝)

********

私達の暮らしは日々便利になり、快適に過ごすことができるようにな
りました。長い歴史を通していろいろな発明や発見がなされたからで
す。発明は大きなものから小さなものまで規模はさまざまです。

私達の暮らしの中で、ちょっと不便だなと思ってもそのまま過ごして
しまえば、それまでですが、待てよ、どうにかしたいなと意識を変え、
脳を使うことで、潜在意識とつながりアイディアが生まれてきます。

「アイデア×アイデア(百式管理人 田口元・著)」

海外の面白いビジネスアイデアを紹介している本です。読んでいるう
ちに発想力の面白さに頭が柔軟になってくるでしょう。柔軟になると、
人は自然にポジティブな考え方になり、潜在意識とつながりやすくな
っていきます。

次は、「クリスマス☆ピアノコンサート」のお知らせです。

*********

皆さま、こんにちは。

Piacere Music School主宰のhirokoです。
初めて投稿させていただきます。
神奈川県相模原市でピアノ教室を開いています。

ピアニストK・masatoshiさんのコンサート12月16日(日)に教室で開
催することになりました。開催間近ですがご案内させていただきます。

♪♪教室クリスマス☆コンサート♪♪

日時:12/16(日)
第1部 14:00〜 
    第2部 16:00〜

会場:Piacere Music☆School

ピアノ:K・masatoshi

☆演奏予定曲(順不同)
 ◇バッハ
・イギリス組曲 プレリュード
◇ベートーヴェン
・ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章
◇ショパン
・英雄ポロネーズ
・ワルツ op.64-2
・ノクターン op.9-2
◇ドビュッシー
・ピアノのために〜ノクターン、ダンス他
・ベルガマスク組曲〜月の光
◇バダジェフスカ
・乙女の祈り
 ◇映画音楽
◇J-POP


☆入場料 2500円(大人)
    1500円(小学生以下)

ご参加希望の方は直接、こちらまでお申し込み下さい。
hi-yama@bloom.ocn.ne.jp

すでにお席が残り少ないですが、マサトシさんのピアノを聴きたい方
にお越しいただけたら嬉しいです。

◎hirokoのブログ
http://happy-bag.jugem.jp/

ジュネさんとK・masatoshiさんに初めてお会いしたのが昨年秋の「み
んなのワ・ク・ワ・ク発表会」の練習会でした。

私はジュネさんのブログのファンでした。発表会の出演者を募集する
記事をブログで見つけて「これは楽しい会になりそう」と参加を決め
ました。 

ジュネさんに初めてお会いした打ち合わせの日は、家族のことでかな
り気持ちが落ち込んでいました。

落ち込みを引きずったままジュネさんにお会いし、快活にお話しされ
るジュネさんに少し圧倒されながらもその時「よろしかったら何か弾
いて下さい」とおっしゃったので、生徒さんのレッスンで弾いていた
「人形の夢と目覚め」を思い出しながら弾きました。

ジュネさんが手を叩いて喜んで下さって、その様子を見て私も楽しく
なり「ピアノを聴いてもらえてよかった」と心から思いました。

後日の練習会でK・masatoshiさんにお会いしました。練習室に入ると、
マサトシさんはフルートの方の伴奏をされていました。「なんて自然
で優しい音なんでしょう」私も一緒に演奏したいなと思いました。

発表会でそれが実現し、連弾をさせて頂きました。このご縁で、マサ
トシさんに私の教室で演奏していただくことになりました。

ピアノコンサートは、今年7月に続き2回目の開催になります。マサト
シさんは、お客様のリクエスト曲を中心にプログラムを構成します。
それも皆様の楽しみになっています。

マサトシさんのピアノは心に響きます。
小さな空間で臨場感溢れるコンサート。
教室で楽しい時間を過ごしていただけたら幸いです。
         
********

今年もありがとうございました。

みなさまにとって2013年も素晴らしい年になりますようにお祈り申し
あげます。

☆感謝☆Junescene〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あなたはわたし。わたしはあなた。

Vol.75「このときを超えて」
 
みなさま、インラケシュ☆

“KIN209 赤い磁気の月”のNaomiです。

今日から6番目の月「律動の月(RHYTHMIC MOON)」が始まりました。

そして、ついに今月9日
2012年12月21日
5125年というマヤの大周期が幕を閉じる、その時を迎えます。

この日付は単なる通過点ではなく、
人類の進化を促す古代マヤからの重要なメッセージであることはこち
らでもお伝えしてまいりました。

その日その時をどう迎えるか。
もちろん節目そのものも重要ですが、
その時を迎えるまでの準備期間をより意識して大事に過ごしていただ
きたいと思います。

私たち日本人は古来より【節目】を重んじてきました。
節分や五節句、彼岸などもそうですが、
中でも一年という大きな節目は、行事や慣わしと共に最も大きな意識
が働きます。

大晦日、神社では一年の間に受けた罪や穢れを祓うための「大祓い」
が執り行われ、家々では歳神様を清らかな心でお迎えするために室内
や家の周りを普段より念入りに掃除します。

それが一年という節目を迎えるために行なってきた日本の慣習であり
文化です。

では、5125年という大周期を超える日。
私たちはどのように準備し、迎えるべきでしょうか。

もちろん、大掃除もいいでしょう。
古くなった考えや意識を手放すことも大切になります。
でももっと言えば、この長い人類の歴史の中で失ってきた道徳観、誤
りに気づき、自然周期から外れた生き方そのものを捨て去ることが重
要だと考えます。

律動の月1日の今日は新月です。
月も新たなエネルギーで私たちの背中を押してくれているかのようです。

また、その月も16日(G暦12/28)「KIN214 白い律動の魔法使い」で満
月、律動の月の律動の日で「魔術のカメの日」となり、今度は銀河の
周期が私たちにRhythmic(律動の:“リズム”の形容詞)を取り戻す
よう促してくれているかのようです。

さらに20日(元日)は、
パカル・ヴォタンの墓が開かれた日「KIN218 白い惑星の鏡」です。
地中から目覚めたマヤの叡智が日本人の心を目覚めさせ、
日本中の神社やお寺で「祈り(意+乗り)」の力を生み出すよう…

この大転換のときを共に迎え、
共に超える約束をしてきた私たち。

その役割と責任、
そして勇気を今ここにひとつとし、
祝福と喜びに満ちた新しい文明の幕開けにいたしましょう。


※イベント【2012年12月21日 マヤの預言を伝える】のご案内
(詳細はこちらをご覧ください)
http://www.cosmic-diary-internet.com/event_detail/563/


コズミック・ダイアリー公式講師
Naomi(KIN209 赤い磁気の月)
目的 ひとつにする 引きつける
普遍的な水 清める 流れ
E-mail:naomi_kin209@yahoo.co.jp
【Cosmic Blog】http://cosmic-diary-internet.com/member52/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■“からだ”(yurara) 

こんにちは 良いお日和ですね。
yuraraです 

今年もあと、半月ですね。
あなたの人生にとって、2012年はどんな一年になりましたか?

2013年に向けて、今から、気を集めて、自分のからだにおさめておき
ましょう。

『Ki Body Communication(気の身体の対話)』(内容:気を感じて丹
田に納める 練気 合気 気の瞑想 )を企画中です。

今のうちから、呼吸と動作を合わせて、納気しておいて下さいね。

ところで、前号の「アインシュタイン&マイケル・ジョーダンの舌だ
し」のつづきです。

先日、東京に出かけた時、一緒に行った人が階段を上るたびに、ふり
返って私に舌を出してみせました。

何度もするので、なにをふざけているのかと思ったら、「こうして舌
を出して、荷物を持った方が、身体がシャキッとして、持ち上げやす
いのです。」とのこと。

メルマガを読んで、早速、試され、「なんだか詳しいことはわからな
いけれど、身体がいい感じ!」と言って、実践されている姿に感激し
てしまいました。

もう一人の方は、「メルマガを読んで、マイケル・ジョーダンの写真
を確認したら、確かに舌を出してプレイしていました。・・・・・。
実は、ずっと忘れていたことなのですが、体育の授業中、バレーボー
ルをしていた時、無意識に舌を出してプレイしていたら、先生に何度
も注意され、笑いものにされて、恥ずかしい思いをしたことがありま
した。結局、舌も引っ込めてしまって(、自分らしくいられなくなっ
ていました)。『あー、なんだ、あのときは先生に否定されたけど、
実は舌を出してても良かったんじゃん。』って、すっきりしました。
ありがとうございます。」と話して下さいました。

メルマガの記事を通して、これまで数十年もの間、一度も思い出さな
かった過去の苦い思い出が深いところから浮かび上がり、その嫌な思
い出を「アインシュタイン&マイケル・ジョーダンの舌だし」で捉え
直したところ、過去において否定されていた自分の動きが肯定された
わけですね。「なにも私は悪くない。このままでいいのだ。」と。

否定された過去の経験が消え、肯定につながっていく。これこそが、
〈からだゆらし〉で行なっていることの一つですので、メルマガの記
事を読んで、自分を肯定し、好きになっていかれるお話にはとても感
激しました。

ありがとうございます。

からだは肉体と心とたましいで形成されています。今回は「舌だし」
でしたが、肉体の動きの気づきは心の深いところにつながり、過去の
とらわれを浮かび上がらせ、今ここで、それらに新しい息吹を吹き込
みます。そして、それらは形を変え、消えていきます。と同時に、た
ましいは浄化され清らかになって、より高みにのぼります。

2013年も素晴らしい一年になりますね。

               ***

12月15日(土)16日(日)は西東京市で,今年最後の定例ワークショ
ップです。2012年新規のお申し込みは残りわずか3名です。今すぐ、
お申し込み下さい。


HP〈からだゆらし〉 http://karadayurashi.web.fc2.com/ 

(yurara)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■美への道

みなさまこんにちは。いかがお過ごしですか?いよいよ今年もあと20
日を切りました。この時期は忘新年会やクリスマスなどのイベントも
多く、楽しい半面、何かと気ぜわしい日々なのではないでしょうか?
ウイルス性の悪質な風邪も流行するこの季節。しっかり予防をして、
元気に乗り切りましょう!

そこで今日は、前回も少し予告をしましたが、サプリメントの活用法
とその選び方についてお話しさせて頂きます。

近年、日本でもかなり浸透してきた「栄養補助食品=サプリメント」
今やテレビやインターネット、ドラッグストアやコンビニでも多種多
様な製品が売られ、簡単に手に入るようになりました。お値段もピン
限で消費者は何をどう手にしたらいいかわからず、結局、気休め程度
の認識と利用になってしまっている方が多いのが現実です。

ではまず、一体サプリメントとは何なのか?

サプリメントの本場アメリカでは国民の約90%がサプリメントを活
用しています。日本と違って医療制度が無いアメリカでは、病気にか
かって病院に行く事は非日常的。緊急時に救急車を呼ぶのでさえも、
自費で一回$500と、安易に医者にかかる事は出来ません。そこで、
「病気になる前に予防をしよう」という考えが根付き、予防医学や栄
養学が浸透していったと言われています。

そこで彼らは病気を治す「医薬品」と普段口にする「食品」の中間に
栄養補助食品としてサプリメントを位置づけたのです。

今は昔と違って、品種改良や土壌の環境など、大量生産を目的とした
数多くの食品が出回り、本来その食品が持つ栄養基準が大きく変わっ
てきています。まして、コンビニや冷凍食品、外食産業の発展により
現代人の栄養摂取は決して安全で十分な物ではなく、本来健康な身体
を維持する「食生活」をするには、逆に時間とお金がかかるのが現実。
だからこそ、「栄養補助食品で足りないところを補いながらバランス
をとる」という考え方が浸透しているのでしょう。

では、これだけある製品の中からどんなものを選べば良いのでしょうか?

チェックリストを挙げてみました。

1. 成分が明確に表示されているか?
2. 原材料は何か?
3. 余分な添加物が入っていないか?
4. どのような加工方法でつくられているか?
5. 体内で有効に働く工夫がされているか?

健康維持の為にサプリメントを摂っても、着色料や添加物、砂糖や塩
分を一緒に摂ってしまっては本末転倒。品質選びはかなりの重要ポイ
ントです。大量生産をする為に、本来のビタミン・ミネラルといった
栄養素よりも、形を造る為の賦型剤を多く添加して造られている粗悪
な製品は多くあります。これは一概に値段が高ければ安全と言う訳で
もないのです。パッケージの裏の表記が事細かく表示されているか?
又はインターネットや電話で直接販売元に問い合わせをしてみると、
なんとなくその基準が分かると思います。しっかり説明できる会社で
あれば○。その際に2.と4.は必ず聞いてみましょう。

いかがでしたか?少しはお役に立てたでしょうか?

食品とサプリメントの併用も健康維持のための一つの手段として、取
り入れてみるのも良いかもしれません。その際には品質チェックはし
っかりと。

みなさま、本年もありがとうございました。また来春、お会いするの
を楽しみにしております。


TOMO

Webサイト  http://www.muu-ah.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
  
みなさま こんにちは。中内です。

今年も一年、ご愛読ありがとうございました。
今年も残りわずかとなりましたが、今年はいかがでしたでしょうか。

毎年、年末年始は決算などもあり忙しくしていますが、年末年始は
計画を立てるのにちょうど良い時期なので、今年の年末年始は十分
時間をとって、来年の計画や中長期計画を立てようと思っています。
やはり、物事を実現しようと思ったら、計画を立てて潜在意識を働
かせることが大切ですね。

来年もよろしくお願いいたします。
     
次回のメルマガは1月10日発行予定です。投稿もお待ちしています。
内容や文字数などの設定はありませんので、お気軽にご投稿下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【投稿・ご意見・お問い合わせ】 june_no_news@yahoo.co.jp

▼メールマガジンへの投稿
何でも結構ですので、お気軽にご投稿お願いします。

▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
http://junescene.com/noproblem.html

▼メールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://sv1.mgzn.jp/pub/mailList.php?cid=M007080

編集担当:中内

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼その他お問い合わせはこちらからどうぞ。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60215949

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行:Junescene
Copyright (c) 2006-2012 Junescene All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

メール一覧に戻る