メール一覧に戻る
配信日:2012/11/15
集合意識メルマガ・No Problem (Vol.79)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■集合意識メルマガ・No Problem■
                       Vol.79 2012. 11. 15
      
         <http://ayasunrise.seesaa.net/>  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<INDEX> 

◆ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)
◆RumichiのスピリチャルBookレビュー Vol.72 (Rumichi)
◆”からだ” (yurara)
◆美への道 (TOMO)
◆編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)

◇◆伝統の力◆◇

みなさま!
こんにちは∞

今日、11月15日は子供の成長を祝う「七五三」ですね。江戸時代から
続いていていて、本来は、旧暦の15日だったそうです。旧暦の15日は、
何をしてもうまくいく大吉日だったそうですが、明治になって新暦の
11月15日になったそうです。

「七五三縄」と書いて、しめなわと読むことがあり、縄の藁を、七束、
五束、三束にたらし、主に祭事の時などに結界として利用していたそ
うです。

「七五三」でなくてはならないものは、松竹梅や鶴亀などの縁起物の
図案が描かれた「千歳飴」ですね。これも江戸時代からのもので、伝
統的な製法が用いられています。

現代のようにさまざまなテクノロジーが発達し、溢れかえる情報に囲
まれて、目まぐるしく生きている私達は、ふと伝統を感じさせてくれ
る催し物や創作物に触れると、心が癒され元気になり生きる力が湧い
てきます。

伝統的な創作物といえば、日本にはいろんな地域で伝統工芸が受け継
がれています。一時期、後継者が育たなくて存続が危ぶまれたものも
ありましたが、この頃は生き甲斐を求め、伝統工芸に関わる若者が増
えているそうで、伝統工芸の職人を養成する学校もあるそうです。

「日本の技(わざ)」がこれからも多いに普及し、日本が元気になるこ
とを願っています。

「日本の伝統工芸 鑑賞の手引き…(社)日本工芸会*編)」

〈この本は、多くの人々に伝統工芸を一層理解して親しんでもらうた
め、伝統工芸特有の難しい言葉や技術を判りやすく説明し、各部門の
代表的な作品の見所や伝統技術に裏付けされた作家の表現や主題等を
解説しています。〉

来月サロンで、日本の伝統工芸「木目込み人形講座」を開催いたしま
すので、どうぞご参加下さい。


☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆


☆★☆ジュネのコラボシリーズのお知らせ☆★☆

◇◆創作‥木目込み人形講座+対面個人解読のご案内◆◇

300年の歴史を持つ木目込み人形は、木彫りのボディに溝をつけ、布を
その溝に入れ込んだり、布地をボディに目打ちで入れ込んで作ります。

木目込み人形は、お雛様や5月人形などさまざまありますが、今回は、
開運・幸運・上昇運を祈願して、十二支の干支の木目込み人形を作って
いただきます。

2013年の干支は巳ですが、12支の中からお好きな干支を選んでいただ
きます。
  
◎日時…2012年12月8日(土)
・Aコース…10:00〜12:30(サロン集合9:45)
・Bコース…14:30〜17:00(サロン集合14:15)

◎会場…ジュネシーンサロン(新横浜)
(参加者の方には詳しくご案内いたします)

◎受講料
・木目込み人形講座…5300円(内訳:受講料2500円、材料費2800円)
(ご持参いただく物…エプロン)
・対面個人解読…3000円(15分)
*今までに潜在意識解読を受けられた方にかぎり、今回は「木目込
み人形講座」だけのご参加も可能です。その場合の受講料は、5,300円になります。

◎講師…クミコ先生
◇東京木目込人形師範会講師
◇日本手芸普及協会講師
・編み物
・手織り
・グラスアート
・押し花
・刺繍
カルチャーセンターなどで講座を開講。

*********

みなさまのご参加お待ちしています。

(お申し込みはこちら)
PC: http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P81624977
携帯: http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P81624977
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■RumichiのスピリチャルBookレビュー Vol.72 (Rumichi)

メルマガ読者のみなさん、いよいよ雪化粧の八ヶ岳からこんにちは〜!
初めての農作業も冬支度♪種を採って、米ヌカをまいて来年までゆっ
くり休んでもらいます。そんな中、友人からとってもエネルギー溢れ
る一冊を紹介してもらいました。

『野草の力をいただいて』(若杉友子/五月書房)

京都府の綾部で自給自足をしている通称“若杉ばあちゃん”。ばあち
ゃんは野草を使ったお料理教室の先生なのです!70歳をとっくに超え
ても老眼鏡は必要なし!自転車は飛ばすし、スクワットは70回、縄跳
びは100回できる!そんなスーパーばあちゃんの元気の秘密は“野草”
と“伝統の知恵”。

本書はたくさんの写真が入ったばあちゃんの特製レシピを中心とし、
野草を使った手当ての方法や、綾部での天然生活、都心の生活から綾
部のワイルド暮らしへの移行、陰陽でバランスをとる食養についてな
ど、1冊で若杉ばあちゃんの知恵にたっぷりと触れることができます。

ばあちゃんが野草を食べるのは、自然界のリズムに沿っているから…
だそうで、「草や木を見てごらん。水一滴垂らしたことがなくても、
肥料のひと握りを与えてやらんでも時節になれば自然にやってくる。
おのずとしかり。ありがたし。」だから、自然の一部である私たち人
間も同じようにそのリズムを体でいただくのがいいのだとか。納得!

若杉ばあちゃんの知恵は昔の知恵。放射能問題で落ち込む時間はない!
と一喝し、今だからこそ、私たちが次の世代のために、地球のこと自
然のことを知らなくちゃ。

“絶望したり、悲観したりする前に、とにかく食べ物で血を体を作り
変えていくこと。ホンモノの食べ物を食べることで、自分を、家族を、
世の中を変えられる。うん、今こそチャンスだよ。”

単なる料理本にはない、ばあちゃんの臨場感溢れるおしえ。特に、食
のことを中心にこれからの時代に不安がある人にはオススメです!
 

Rumichiのブログ:http://ameblo.jp/spiritual-way/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■“からだ”(yurara) 

こんにちは 良いお日和ですね。
yuraraです 皆さん、お変わりありませんか?

早速ですが、前号に、『腰痛になって動けなくなったけれども、帰り
には二つのスーツケースを持ち上げていた話』を書きました。書いた
内容について、いろんな人から声をかけていただきました。

Sさん:「誰ですか?有名芸能人って?」
yurara:「...(芸能人って書いてなかったけどな…苦笑)」
Sさん:「わぁ〜、気になります。教えてもらえないんですか?えぇ〜」
yurara:「…(文章の中に書いておいたのだけどなぁ)」

数日後、
Sさん:「わかりました。アインシュタインでしょ?!友だちがそう言
ってた!」
yurara:「答えは次回のメルマガで載せますよ。楽しみにしておいて下
さいね。」

みなさんはすでにお分かりですね。

答えは
「マイケル・ジョーダンです。」
(読者の皆さん:「えぇぇぇぇぇ・・・。アインシュタインじゃない
の?!」)
「失礼しました。アインシュタインです(笑)。マイケル・ジョーダ
ンも正解です。」

正解がおわかりの方も多くいらっしゃったと思います。
すぐにわかるように、答えは前号の文章の中に入れておきました。

腰を痛めて歩くのもままならなかった私は両手にキャスター付きバッ
グを持って、杖代わりにして歩いていました。そうしたら、ふと、
“舌を出して、持ち上げてみたら”と身体がささやいたのです。やっ
てみたら、見事にできました。身体って、ささやくんだ〜(笑)。

最近はすっかりよくなりましたが、今でも、時々、舌を出して身体の
動きを確かめています。たいてい、駅のホームを歩いている時にやっ
ています。周りの人は早足で移動していて、私のことをじーっと見て
いる人は誰一人、いないのでね。

そんな中、ある日、ふと、“そういえば、マイケル・ジョーダンも舌
を出してシュートをしていたなぁ”と思いました。それなら、と思い、
舌を出して、ワンハンドシュートの動きをしてみました。すると、ど
うでしょう。骨格が固定され、動きに遊びがありません。これなら確
実にシュートを決めることができると実感しました。舌出しはリラッ
クスに関係していると思い込んでいましたが、どうやらそれだけはな
かったようです。

そんなことをかんがえていると、ある日、次の疑問がわきました。

さて、今号は、これが皆さんへの質問です。
「椅子に座っていて、右(側の骨盤)に重心があるとき、右足が挙げ
やすいでしょうか?それとも左足が挙げやすいでしょうか?」

これに気づくと歩き方の概念が大きく変わるかもしれません。

***
こんなことを考えているyuraraに会いにきて下さい。11月17・18日、
12月15・16日は東京に滞在しています。
HP〈からだゆらし〉 http://karadayurashi.web.fc2.com/ 

(yurara)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■美への道

みなさまこんにちは。いかがお過ごしですか?最近、めっきり寒くな
ってきたせいか、風邪を退く方も多いかと思います。これから年末に
かけて忙しくなる前に、免疫力を上げて行きましょう!

そこで、今回は
「免疫力UPで健康で美しく」をテーマお話させて頂きます。

私達が生きる上で、どうしても避けられないのが細菌やウイルスとい
った外敵。しかし、本来、ある程度はそれらの外敵と共存できる能力
も持ち合わせています。それが、免疫システムです。

外敵 → 1.皮膚・粘膜 → 2.胃 → 3.小腸・大腸 → 4.免疫細胞(リンパ球)
私達は、常に、体内外からの何かしらの攻撃と戦っているのです。

まずは、その外からの侵入を出来る限りブロックする習慣をつけましょう!

1.皮膚や粘膜を保護・強化

外敵が体内に侵入する時の第一難関は皮膚や粘膜。
丈夫な粘膜が、免疫力アップの基本です。

免疫力が落ちると、目や皮膚、口の周りなどに症状が出やすいのもそ
のはず。これは身体からのサインなのです。

うがい・手洗い・目の洗浄・除菌・・・・などの衛生管理はしていて
も、ミクロの細菌たちの侵入はそんなことでは防ぎきれません。

ここは、丈夫な皮膚や粘膜をつくって、外敵から身を守りましょう!
美しく健康なお肌も髪も、まずは毎日の食事が基本です。

皮膚・粘膜をつくる材料の主役は

「たんぱく質」
たんぱく質が不足すると
皮膚・粘膜・爪・髪 が弱る(老化する)
免疫細胞(白血球)が減少
外敵が侵入しやすくなる&悪さをしやすい環境

「ビタミンB群」
たんぱく質の合成を助ける亜鉛やビタミンB群は
体内でたんぱく質を合理的に利用するための潤滑油
これが無くして、食べたお肉が皮膚や髪になることは難しい。

肌荒れやニキビ、傷が治りにくいのは、歳のせいだけではありません。
亜鉛をしっかり摂りましょう!亜鉛は吸収されにくいミネラル。でも、
ビタミンCとの相性が良く、Cが亜鉛の吸収を助け、コラーゲンやたん
ぱく質の合成に働くので、皮膚や粘膜の強化に。

これから寒くなると、牡蠣(亜鉛)にレモン(ビタミンC)がおいしい
季節がやってきす。どうぞ、牡蠣はレモンかポン酢(クエン酸)と一緒
に召し上がれ。

免疫力UP お勧めの食品

※たんぱく質・ビタミンB群
鶏・豚・牛レバー / 牛・豚肉 赤身 / 卵 / 大豆類 / 豆乳 / クルミ /
ナッツ類 など

※亜鉛・ビタミンB群 
鶏・豚・牛レバ- / ハマグリ / カシュナッツ / 納豆 / 青魚 / など

普段、忙しい生活の中で、バランスの良い食事を摂ることは難しいかも
しれません。

いつもの食事に何か一品、意識して取り入れるなど、小さな意識と努力
をしてみてください。また、サプリメントの活用もGoodですね。ただし、
サプリメントも安全性が重要です。次回、サプリメントの選び方のポイ
ントをお話させていただきます。

これから年末にかけて忙しさが増す季節。元気に乗り切って行きましょう!


TOMO

WEBサイト  http://www.muu-ah.com/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
  
みなさま こんにちは。中内です。

皆さんもそうかもしれませんが、最近は、世の中の変化のスピードが、
一段と早くなっていると感じます。先の予測が、だんだん難しくなって
いるように思います。変化に頭がついていけるように、対応したいと
思うこのごろです。
     
次回のメルマガは12月13日発行予定です。投稿もお待ちしています。
内容や文字数などの設定はありませんので、お気軽にご投稿下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【投稿・ご意見・お問い合わせ】 june_no_news@yahoo.co.jp

▼メールマガジンへの投稿
何でも結構ですので、お気軽にご投稿お願いします。

▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
http://junescene.com/noproblem.html

▼メールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://sv1.mgzn.jp/pub/mailList.php?cid=M007080

編集担当:中内

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼その他お問い合わせはこちらからどうぞ。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60215949

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行:Junescene
Copyright (c) 2006-2012 Junescene All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール一覧に戻る