メール一覧に戻る
配信日:2012/02/07
集合意識メルマガ・No Problem (Vol.69)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■集合意識メルマガ・No Problem■
                       Vol.69 2012. 2. 7
      
         <http://ayasunrise.seesaa.net/>  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<INDEX> 

◆ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)
◆あなたはわたし。わたしはあなた。
   Vol.66「銀河の月と0.0.フナブ・クの日」(Naomi)
◆”からだ” (yurara)
◆美への道 (TOMO)
◆CARE-WAVE (鎌田 真由美)
◆編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)
   
みなさま!
こんにちは∞

立春も過ぎ、暦の上では春ですが、予想を上回る寒波が訪れ大雪で大
変な思いをされている方々がいらっしゃいます。
心よりお見舞い申し上げます。

私は小中学校を石川県で過ごしましたので雪は大好きです。裏山でス
キーをしたり、ツララで遊んだり、雪合戦したり、雪だるまを作った
り思い出は尽きません。
それと同じくらい、雪の怖さと大変さは子供ながらに体験しています。

吹雪の日は一人で下校するのは危険なので集団下校していました。傘
をさすと雪が降り積もり傘が重たくて持てなくなります。猛吹雪の時
は雪が鼻や口に入ってくるので、思うように息ができなくなり苦しく
なりました。

大人達は屋根の雪降ろしの作業を毎日余儀なくされていました。

ある時、一晩で2メートル積もったことがありました。雪は雨と違い
しんしんと音も立てずに降りますからどれだけ降ったかわからないの
です。

母と住んでいた家は平屋でしたので、家が雪に埋まってしまい、潰れ
そうになりました。屋根に積もった雪の重さは半端なく、家がギシギ
シと不気味な音をたてます。玄関も窓も開かず近所の人達から懸命に
除雪をしてもらい助け出されたことがありました。


今年は4メートルの雪だと聞いて驚いています。

雪降ろしは寒さの中大変な重労働です。雪は雪崩れのように落ちてき
ますから、巻き込まれたら命に関わります。私が住んでいた地域もお
年寄りが毎年のように雪降ろしの事故で亡くなっていました。

この頃は過疎化が進み、お年寄りだけでお住まいの街や村が増えてい
るようです。一日も早く安心で安全に暮らせるように対策をたててい
ただきたいと祈るばかりです。

過疎化の波は日本中に広がっています。都心部から離れた村落や離島
は特に過疎になりやすいのです。

過疎化が進み、地域社会(コミュニティ)としての機能を失った集落を
限界集落と呼んでいるそうです。そして誰も住む人がいなくなり、居
住の建物や痕跡だけの廃虚となっていきます。

今回みなさんにご紹介いたしますのは、

廃村をゆく(消えゆく日本の村々を巡る)…イカロスMOOK

北海道から沖縄までのさまざまな事情で廃村になってしまった場所を
映した写真集です。これらの写真はある意味私達の心に強烈なインパ
クトを与えるかもしれません。

昔はそこで生活が営まれていました。子供達や赤ちゃんの声が聞こえ、
笑いや涙が歌や踊りがあったでしょう。

写真はどこかで時間が止まっているようです。懐かしくもあり悲しく
もある、でもこの風景は今現在の姿なのです。

人それぞれ感じかたは違うでしょうが、潜在意識の中の何かが反応す
るのではないかと思います。


今年はいろんな節目の年です。
人をはじめ土地や建物に癒しと浄化がとても必要です。

今生きている私達は、そのことを再認識して、生き方を再構築し、再
出発の年にいたしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あなたはわたし。わたしはあなた。

Vol.66「銀河の月と0.0.フナブ・クの日」

みなさま、インラケシュ☆

“KIN209 赤い磁気の月”のNaomiです。

今日から8番目の月「銀河の月」に入りました。
「銀河の」キーワードは、
「完全性(Integrity)」「調和させる(Harmonize)」「かたどる(Model)」
です。

「コズミック・ダイアリー」は、毎月最初のページにその月のメッセ
ージが記されていますが、最後は必ず英語の問いかけで締めくくられ
ています。

今月の問いかけは、
「Do I live what I believe?」

日本語に訳すと、
「わたしは信じるように生きているだろうか?」
となります。

「磁気の月」から8カ月。
何もないゼロの地点から、宇宙的な目的をもってスタートした私たち。
目に見えないエネルギーの状態から個を確立させ、
やがては全体としての役割に気づき、
それを果たすための行いを宇宙に響かせ、拡張させてきました。

先月「共振の月」で1年の半分が経ちましたが、
今月は改めて自分の中心に立ち返り、
その「わたし」が地球を超えた宇宙から見て調和をもたらす存在とな
っているかどうか??
そんなことを確認させてくれる28日間となります。

さて、今年は「閏年」。
グレゴリオ暦では閏日「2月29日」が加わります。
13の月の暦では、この閏日はカレンダーの枠組みとしてカウントせず、
「0.0.フナグ・クの日」として特別の日に定められています。

「フナブ・ク」とは、運動と計測を与える唯一の存在、
銀河系の中心である創造主を意味しており、マヤでは重要な概念です。

この「0.0.フナブ・クの日」は4年毎に銀河の月22日と23日の間で起こ
り、太陽の紋章は「青い猿」(魔術の力)と「黄色い人」(自由意志
の力)の間で正確に起こります。

どの月にもどの週にも属さず、
365日周期と260日周期のどの日にも当たらない、もうひとつの「時間
をはずした日」。

あなたはどのようにお過ごしになりますか?


コズミック・ダイアリー公式講師
Naomi(KIN209 赤い磁気の月)
目的 ひとつにする 引きつける
普遍的な水 清める 流れ
E-mail:naomi_kin209@yahoo.co.jp
【Cosmic Blog】http://cosmic-diary-internet.com/member52/
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■“からだ”(yurara) 

こんにちは
yuraraです

みなさん、いかがお過ごしですか?体調や気持ちの上で、また環境面
で、どうもすっきりしないなぁという感じはありませんか?

巷では、12月までのいろんな予測が出ています。世界経済や原発、自
然災害の話など、これまでの経験を超えるような予測がされているも
のも少なくありません。

そういうものを見聞きした時、不安なきもちになることはありません
か?また体調不良になったり、焦って行動を起こしてしまいそうにな
ったりすることはありませんか?

もしそういうことがあるようでしたら(そんなことはない!と思うよ
りも、確かにそういう瞬間があるなぁ…と思える方はさらに自分をよ
り良い方向へ自らで導く力があります)、“深い呼吸”をして下さい。
そして、これまでとの違いを‘感じ’て、バランスを取って下さい。

深い呼吸は安心につながります。安心すれば、心に余裕が生まれ、最
善の行動をとることができます。

緊急時には、情報や知識、考えが、全く役立たない瞬間はたびたびあ
るものです。そういう時こそ、‘感じる’力が必要となります。そし
て、どんな状況下においても、頼りになるのは自分の“からだ”です。

ですから、普段から‘感じる’力を高め、“からだ”を育てておく必
要があります。

みなさん、ご存知のように、今、この瞬間の自分の思い・言動・行動
が近未来の現実を作り出します。そして、それら全ては“からだ“か
らの発信です。

あなたはどんな人生を創造したいですか?

イメージしてもアファメーションしても、24時間の思いぐせがマイナ
スであれば、マイナスな方向に進みます。また、「むずかしい、私に
はムリ!」,そんな口ぐせが出れば、状況は難しい方向に展開してい
きます。疲れがたまって、こわばった身体でいたら、浅い呼吸になり、
不安をさらに増長させますし、新しい環境に一歩を踏み出せず、自分
の望まない環境の中に居続けることになります。

ですから、いま・ここで、自分がどう思い、どう言い、どう動くかに
よって、自分の未来が異なります。この瞬間の自分の思い癖や言動、
行動のパターンに気づき、ネガティブをポジティブに変え、全てはつ
ながっていることを感じ、希望する人生に必要な人・モノ・環境を引
き寄せる種まきが必要です。

現在、思い・言動・行動の増幅と変化のスピードがとんでもなく速く
なっています。「またあとでいい」・「次の機会する」と思わず、こ
のチャンスを掴みましょう。

24時間いつでも、プラスイメージを思い、自分にも他人にも明るい未
来が訪れるような言葉を言い、他人を助け、自らを助けることのでき
る身体を持ちましょう。

2月26日(日)ジュネシーンさんとのコラボ企画で、〈からだゆらし〉
『希望を生きるからだー思・言・動の三点からアプローチ』を行ない
ます。

このタイミングで、2月26日(日)ジュネコラボ企画をさせていた
だけることに偶然ではないでしょう。当日は自分の思い・言動・行動
をチェックし、希望に満ちた人生を自ら創造する種蒔きの時間にしま
しょう。そして、みんなで幸せになりましょう。



HP〈からだゆらし〉 http://karadayurashi.web.fc2.com/ 

(yurara)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■美への道

みなさまこんにちは。いかがお過ごしですか?
いよいよ日本列島でインフルエンザが暴れだす季節となりました。
皆さまは大丈夫ですか?

暑くなっても、寒くなっても、乾いていても、疲れていても、私達の
身体を守る免疫システムはフル活動して、私達の日常生活をサポート
しています。

でも、時に、そんな免疫システムの許容範囲にも限界があり、リズム
を乱したり、どこかが壊れたり、私達に知らせる為に信号をおくったり。
今日はその「免疫」について、お話しさせて頂きますね。

免疫ってなに??

「免疫」 つまり「病気を(疫)を免れる」為に、私達の身体を正常
に維持してくれる優れたシステム。

・空気中に含まれるほこり、排気ガス、バクテリア、ウイルスなどの
有害物質
・食品から体内に侵入するあらゆる有害物
・体内で発生する活性酸素
などから身体を守る仕組みと働きのことです。

例えば、同じ生活環境で、同じ空気を吸って、同じものを食べている
のに、よく風邪を退く人と、風邪を退きにくい人がいますよね。

同じ敵に出会った場合に、病気になる人、ならない人の違いは「免疫
力」(敵を識別し、攻撃、排除する力)に高低の差があるということ
になります。

私達は、この目に見えない「免疫」システムを知ることで、意識をし
て強化することが出来る=老化、病気を予防する のです!

それでは、一体どのように心がければよいのでしょうか?

一般に言う、うがい・手洗いなどで外敵を排除するのはお約束ですが、
免疫力強化に繋がるわけではありません。免疫力を上げる基本中の基
本。それは「体温」です。人の細胞は体温が36.5〜36.8度で一番快適
に代謝が出来ると言われています。つまり、免疫細胞もこれに準ずる
と共に、代謝が上がれば新しい元気な細胞の生産や、がん細胞の削除、
余分な糖質や脂肪の代謝にも全力が尽くせるのです。

体温を上げるためにはまず、食事。特に冬の寒い時期には温かいもの
を美味しく戴けますので、調整がしやすいと思います。特に薬味にな
るようなハーブや生姜、わさび、ニンニク等の香りが強いものは殺菌
力があり体温を上げ、代謝を促進しますね。カレーなんかも細胞が元
気になる最高の食べ物ですよ。

また、毛細血管を収縮させるものは極力避けたいものです。
ストレス・喫煙・睡眠不足 はそれに代表するものですね。
出来る限り、毎晩温かいお風呂に浸かって、自律神経の安定を図りま
しょう。心(脳)と身体は一対です。「笑う」ことも細胞が喜んで体
温がUPし、免疫力が強化されますよ。

こんな症状は要注意!!
・お腹を壊しやすい
膨満感 下痢 食あたり  など
・結膜炎、ものもらい になりやすい
・いつも疲れている。 だるい。 眠い
・ニキビや吹き出物、肌荒れ
これらは免疫力低下の黄色信号です。

今シーズンは免疫力強化で風邪知らずで参りましょう!!



HP〈MUU-AH〉 http://www.muu-ah.com/

(TOMO)    
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■CARE-WAVE

今回から[MAYUMI’Sレッスン]と命名しました、普段皆さんが簡単に
できる「筋トレコーナー」をお送りします。

私が編み出したオリジナル筋トレ法&ストレッチ法を毎回少しずつ伝
授させていただきます。「体力」&「体の美」を身に付けていただき、
皆さんの健康のお手伝いが出来たら幸いです。

皆さん、スーパーでのお買い物。毎日重い袋を持っての帰路は大変で
すね。小さいお子さんがいらっしゃる方はベビーカー押して、バッグ
に哺乳瓶やおしめ。お勤めの方は、書類やパソコンが入った重いバッ
グを持っての通勤。1日歩き疲れたヒールは余計に重く感じます。

そんな時、荷物をどっちに持ってらっしゃいますか?右手で持つ方も
いれば、左手で持ってらっしゃる方もいるでしょう。それは長年の体
の癖になっています。

それを時々反対の腕や肩に掛けたり持ったりしてみてください。その
時に気を付けるのは、肩の高さを左右同じになるように気を付けるこ
と。そして肩に背負うバッグは脇ではなく背中に回すように持つこと。

初めは違和感があってとても持ちにくいと思います。でもそこを乗り
越えると、だんだん体が慣れてくれます。もちろん、途中で耐えられ
なくなったら無理しないで持ち替えてください。

はじめは筋肉痛も出てくるかもしれませんが、続けてください。徐々
に痛みは和らぎます。効用は背中の筋肉(肩甲骨)が強化されます。

肩に背負えばすぐに直結しているので効きやすいですし、腕や手で持
っても両肩をまっすぐにしていれば肩甲骨に効きます。両肩がまっす
ぐになってるかどうかは、時々鏡やウインドウに映して確認するのも
いいですね。

背中に筋肉がない人は背中が丸く猫背になります。すると内臓に負担
がかかりますし、骨盤が前傾して膝が曲がります。膝を曲げて歩くと
膝と足首に負担がかかり筋を痛めます。その上、下腹の贅肉も付く。

一番人間が楽な体勢は両肩を下に押し下げて首を長くする感じ。カメ
が甲羅から首を出した感じ、とでも言ったほうがいいでしょうか。そ
うすると背中が反らずに、真っ直ぐになり、肩甲骨の下の方の筋肉が
働きます。荷物やバッグを持ってカメになった気分で歩いて下さい。
背が、3センチは高く見えます。それにヒールや足の負担も軽くなり
ます。背中がまっすぐになると腹筋にも効いて下腹のサイズも減って
一石二鳥!

最後にもう一つ、重い荷物を持ち上げる時、腕だけで頑張らないでく
ださいね。足で床を踏み込みながら持ち上げること!足の強化にもな
りますよ。それに反対は持ちにくいからと言って肩を持ち上げながら
歩かないで下さい。

次回まで、是非思い出したらやってみてください。
継続は力なり、気楽に続けてくださいね。



『CARE-WAVE AID』のHP
http://www.geocities.jp/carewavejapan/

(鎌田 真由美)
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
  
みなさま こんにちは。

先日ご案内がありました、Robert Anthony Aviles(ロバート・アン
ソニー・アヴィレス)東日本大震災復興支援チャリティーコンサート
が、大盛況のうちに終了しました。ご参加された方、ありがとうござ
いました。次回のコンサートは、恐らく、来年秋頃に開催されると思
います。お楽しみにお待ち下さい。
      
次回のメルマガは3月7日発行予定です。投稿もお待ちしています。
内容や文字数などの設定はありませんので、お気軽にご投稿下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【投稿・ご意見・お問い合わせ】 june_no_news@yahoo.co.jp

▼メールマガジンへの投稿
何でも結構ですので、お気軽にご投稿お願いします。

▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
http://junescene.com/noproblem.html

▼メールマガジンのバックナンバーはこちらから
http://junescene.com/mgzn.html

編集担当:中内

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼その他お問い合わせはこちらからどうぞ。
 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60215949

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行:Junescene
Copyright (c) 2006-2012 Junescene All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

メール一覧に戻る