メール一覧に戻る
配信日:2011/08/23
集合意識メルマガ・No Problem (Vol.63)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■集合意識メルマガ・No Problem■
                        Vol.63 2011. 8.23
       
          <http://ayasunrise.seesaa.net/>  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <INDEX> 
 
 ◆ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)
 ◆RumichiのスピリチャルBookレビュー Vol.58 (Rumichi)
 ◆あなたはわたし。わたしはあなた。
    Vol.60「大きな節目と新しい周期」(Naomi)
 ◆”からだ” (yurara)
 ◆CARE-WAVE (鎌田 真由美)
 ◆編集後記
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ジュネのコラム 「地球にありがとう」 (junescene)
  
 残暑お見舞い申し上げます。
 
 みなさま!
 こんにちは∞
 
 音楽に関するコンサートやイベントを企画して、みなさまとの輪を広
 げていこうという思いで、昨年「JEM企画」を立ち上げました。
 
 第1回ピアノコンサートを11月に川崎で開催しました。
 
 今年は震災が起きましたので、7月に川崎で第2回チャリティーコンサ
 ートを開催いたしました。
 
 
 今後の活動としましては、12月3日に第3回チャリティーピアノコンサ
 ートを札幌で、12月8日に第4回ピアノコンサート〈リスト生誕200年&
 クリスマスソング〉を川崎で開催する予定です。
 
 2012年は5月前後に、京都でチャリティーコンサート(ピアノ&フルー
 ト)を予定しています。
 
 
 それとは別にいろんな方が参加できる「発表会」のようなことをした
 いと考えています。
 
 
 ☆★ミュージックサークル「みんなで発表会」(仮名称)のご案内★☆
 
 
 音楽の好きなみなさまが自由に楽しく参加できる発表会を、2012年の
 春頃(3月〜5月)を目標に開催いたしますので、出演希望の方を募集
 いたします。
 
 演奏能力やプロアマを問いませんのでふるってご参加下さい。
 
 人前で何か発表するということは、緊張したり、少し勇気がいるかも
 しれませんが、全然気にしないで下さい。この発表会はみんなで和気
 あいあい楽し会を目指しています。自分を変えてみようかなと思って
 いる方、いい経験にもなると思いますよ。
 
 ・楽器を弾いてみたい方(ピアノ、ギター、木管楽器、金管楽器など)
 
 ・ピアノの伴奏またはアカペラで歌を歌ってみたい方(独唱、コーラ
  ス、デュエット等)
 
 ・ピアノや楽器演奏をバックに詩や文章を朗読してみたい方
 
 ・ピアノや楽器演奏をバックに踊ってみたい方
  
 などなどです。 
 
 参加ご希望の方は、お申し込みのうえ、下記の日時にお集まり下さい。
 
 ◎日時…2011年9月30日(金)
      13:00〜21:30
 (各自のご希望の時間帯にお越しいただき、お話させていただきます。
  所要時間は、40〜60分程度です。)
 
 可能でしたら、楽器や楽譜をご持参下さい。
 
 ◎会場…ミューザ川崎 練習室3
     川崎市幸区大宮町1310番
     044-520-0300
     http://www.muzakawasaki.com/access/index.html
 
 参加お申し込みはこちらでどうぞ。
  (PC) http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P18987996
  (携帯) http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P18987996
 
 この日に来られなくても、「発表会」に参加ご希望でしたら申し込ん
 で下さいね。
 
 私もピアノを演奏するか歌を歌ってみたくなりました。
 
 みなさまのご参加お待ちしています。
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■RumichiのスピリチャルBookレビュー Vol.58
  
 みなさん、こんにちは!先日、これからの社会のあり方を共に勉強し
 ている仲間から“すばらしい発明家がいる♪”とある発明家を教えて
 もらいました。
 
 『月3万円ビジネス』(藤村靖之/晶文社)
 
 ある発明家とは、那須でアトリエ非電化工房を開放している藤村靖之
 さん。日本全体で節電がテーマの今、藤村さんはさまざまな非電化製
 品を発明し、「非電化・ローカル化・分かち合いで愉しく稼ぐ方法」
 をワークショップなどを通じて、これからの世の中が進む方向を啓蒙
 しています。
 
 本書では藤村さんが発明した“非電化冷蔵庫”や“電気を使わない家”
 “非電化コーヒー焙煎器”などの愉快で素敵な発明品の紹介もありま
 すが、メインは「奪い合いのビジネス」から「分かち合いのビジネス」
 に移ること!そのためのアイデアがたくさん詰まっています。
 
 なぜ月3万円しか稼げないビジネスがポイントなのか…それは競争を生
 まないということだそうです。そして都市に一極集中したビジネスモ
 デルではなく、地方で、仲間と共に分かち合い、教え合いながら小さ
 なビジネスを継続させていくこと。これが、これからの世の中を大き
 く変えていくだろうと藤村さんは言います。“「月3万円ビジネス」は
 いいことしかテーマにしません。このビジネスはたくさん有ります。
 なにしろ月に3万円しか稼げないので、脂ぎったオジサンは見向きもし
 ません。つまり競争から外れたところにあるビジネスなのです。だか
 らたくさん有ります”
 
 例えばそれは、大好きなことで月3万円稼ぐ「出張大道芸」、都市に新
 鮮な無農薬の余剰野菜を届ける「宅配」、非電化でアレルギーを起こ
 さない「手作りストローベイルハウス(藁の家)によるB&B経営」、
 森林の地主も得をする「薪ビジネス」などなど、地域循環型のビジネ
 スアイデアがいっぱいです。
 
 藤村さんの目的は、真の豊かさに気づくことにあるので、自分にはビ
 ジネスの世界はちょっと…という方も、「面白い!」を思えるはずで
 す。私だったら、どんなことができるかなぁ…わくわくしながら読み
 進められることでしょう♪
 
   
  
 Rumichのブログ:http://ameblo.jp/spiritual-way
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■あなたはわたし。わたしはあなた。
 
 Vol.60「大きな節目と新しい周期」
 
 みなさま、イン・ラケチ☆
 
 “KIN209 赤い磁気の月”のNaomiです。
 
 新しい年が明けて早一ヵ月。
 今日から2番目の月「月の月(Lunar Moon)」が始まります。
 キーワードは「挑戦(Challenge)」「極性を与える(Polarize)」「安定
 させる(Stabilize)」です。
 
 月を眺めるのが好き、という方はたくさんいらっしゃると思いますが、
 月をご覧になるとき、同時に太陽の存在を感じていらっしゃる方は意
 外と少ないのではないでしょうか。
 
 日中私たちを照らし続ける太陽と、その太陽から受けた光で夜空を照
 らす月・・・
 陰陽という言葉に表されるように、宇宙には二元性という二つの相対
 するエネルギーがひとつを成り立たせます。
 それらは互いに打ち消しあうのではなく、対極をもって“ひとつ”を
 安定させる関係性を保ちます。
 
 これからの28日間は、自然の秩序から二元性を感じとり、そこから生
 み出される調和を味わってみてください。
 
 さて、今月はもうひとつ新たな周期がやってきます。
 
 月の月20日、グレゴリオ暦9月11日は「KIN1赤い磁気の竜」です。
 また翌日の「KIN2 白い月の風」で満月、中秋の名月となり、月のエネ
 ルギーも高まります。
 
 9・11からちょうど10年目。
 そして3・11からちょうど半年を迎えることになりますが、これにツォ
 ルキンの始まりがシンクロするのはとても意味深く感じます。
 
 ツォルキンは私たちを高次元へいざなうカレンダーです。
 この銀河の周期の始まりが私たち地球人の新たなる出発のために、き
 っと大きなエネルギーを注いでくれることになるでしょう。
 
 この日、にんげんクラブ全国大会では、コズミック・ダイアリーの著
 者柳瀬宏秀さんの講演「マヤの預言から祈りのくにづくりへ」もあり
 ます。
 詳しくは公式サイトをご確認ください。
 http://www.ningenclub.jp/nct/
 
 私は、鹿児島でコズミック・ダイアリーの講座をおこないます。
 http://www.cosmic-diary-internet.com/event_detail/479/
 
 お近くの方はぜひ足をお運びください。
 そしてご一緒に大きな節目を越え、新しい銀河の流れに大きな一歩を
 踏み出しましょう。
 
 
 
 コズミック・ダイアリー公式講師
 Naomi(KIN209 赤い磁気の月)
 目的 ひとつにする 引きつける
 普遍的な水 清める 流れ
 E-mail:naomi_kin209@yahoo.co.jp
 【Cosmic Blog】http://cosmic-diary-internet.com/member52/
 【mixi ID】7788038(Naomi@赤い磁気の月)
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■“からだ”(yurara) 
      
 こんにちは yuraraです
 みなさん、いかがお過ごしですか?
 
 前回のメルマガ編集後記に、編集者の中内さんがダイエットについて
 考えるようになってきたというお話を書かれていました。
 
 私は5月から、あることをきっかけに、糖質の摂取を制限しています。
 ご飯やパン、ケーキ、そして週に一度は食べていた大好きなお好み焼
 きやたこ焼きも食べていません(病気ではないので、出されたものは
 おいしくいただいています)。砂糖は自然派甘味料にかえました。朝
 夕、豆腐納豆を食べています。みそ汁やおかずに、しょうがをたっぷ
 り入れるようになりました。
 
 そういえば、若い頃、指導者のアドヴァイスを受けて、6か月間、動
 物性タンパク質を取らず、玄米・みそ汁・少しの野菜を食べ、水だけ
 で数日間過ごしましたことがあります。その間は温冷浴や運動を欠か
 さずしましたし、静かに座る時間や良書を読む時間も作っていました。
 
 今回の場合は、ダイエットでも断食でもないので、肉も魚もたっぷり
 食べています。ですから、飢餓感は全くありません。けれども、体重
 は6kg近く減りました。服のサイズがひとつ小さくなりつつあります。
 そのような私の姿をみて、食事を作って下さっている方がもうじき私
 と一緒に制限のない食事をおいしく食べることができると楽しみにさ
 れていました。
 
 ところが、最近、その方の身体に病気が見つかりました。開腹手術や
 ホルモン療法の必要性もあったのですが、まずは食事療法を中心に、
 自己治癒力を高めることになりました。玄米菜食、病気に効く薬草類
 も積極的に取り入れるようにしています。有機野菜の生産地に問い合
 わせたり、あちこちのオーガニックレストランに行ったり、薬草を入
 手するために海外のお店にも連絡を取ったりしました。
 
 興味深いことは、私の方がその方よりも3ヶ月前から食事制限を始め
 ていたことです。偶然はありません。必要と理由があるのでしょう。
 新しい人やものとの出会いはとても新鮮でキラキラしていて、私たち
 にさらなる学びの機会を与えてくれています。
 
 食事はからだ(心・肉体)を作ります。
 食生活が変わると、自ずと生活習慣が変わります。
 
 カフェインやチョコ・お菓子・ジュース、アルコール、大量に動物性
 タンパク質を欲する身体がありませんか?今一度、ふり返ってみられ
 てはいかがでしょうか。体重の増減に関わらず、この機会に食生活を
 見直し、必要に応じて改善されることをお勧めします。大きな気づき
 につながるきっかけになるはずです。 
 
     ∞         ∞         ∞
 
 *いよいよ本格的にスタートします!
 奈良〈からだゆらし〉『ボイス&ボディ』
  − 声によるチャクラタッチ&脱力・日常生活動作の改善を中心に −
 ◎日時… 9月19日(日)14:00〜15:30 〈6名限定〉
 ◎会場… 生駒市内。駅から徒歩一分 
      申込者の方には、追って詳細をお知らせします。
 ◎料金… 3,000円
 ◎お申し込みは karadayurashi3@yahoo.co.jp まで
 ※奈良〈からだゆらし〉は女性限定で、参加経験者およびご紹介者の
  方のみになります。

 
 HP〈からだゆらし〉 http://karadayurashi.web.fc2.com/ 
 
 (yurara)
    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■CARE-WAVE
 
 現在、私は徳島に滞在しています。
 
 8月28日、気仙沼の子供ミュージカル劇団『うを座』が徳島の『夢創
 り』劇団の公演に出演することになり、只今その稽古の真っ最中なの
 です!
 
 
 題名は『夢つむぎの詩』(ゆめつむぎのうた)
 
 朝日新聞掲載記事
 http://www.asahi.com/special/10005/OSK201106190113.html
 
 
 CARE-WAVEの趣旨に心から賛同し、支え応援して下さった両劇団は初
 演の『CARE-WAVE AID』から、自費で参加して下さり、その舞台で子
 供達はアフリカの避難民や少年兵・飢餓で苦しむアジアの子供達の苦
 しみを演じてくれました。
 
 
 今年の夏、3年ぶりにやるはずだった『うを座』の公演は震災で中止
 になり、稽古場も全て流されてしまいました。
 
 そんな子供達を元気づけようと徳島の『夢創り』が『うを座』の子供
 達の交通費・滞在費、全てを負担しての合同公演となったのです。
 
 
 この作品は、両親を亡くした男の子(敬くん)が通う田舎の分校に、
 母親を亡くした女の子(治美ちゃん)が転校してきます。
 
 二人とも悲しみと孤独感に心を閉ざしているのですが、唯一治美ちゃ
 んの心の中には「夢つむぎ」という未来や希望そして夢を紡ごうとす
 る『心』達がいます。
 
 治美ちゃんが寂しくなるといつもその夢つむぎ達が現れ、治美ちゃん
 に夢を語り元気づけます。
 
 敬くんの悲しみを知った治美ちゃんがそっと敬くんに夢つむぎの存在
 を教えると、敬くんの夢つむぎ達が現れて彼の孤独を癒し始めます。
 
 いつしか二人は大事な「夢と希望」という『心』を取り戻すようにな
 ります。
 
 
 うを座の子供達が演じるのは敬くんと敬くんの夢つむぎ達!
 
 
 震災から5ヶ月…
 
 日々の生活に追われ、いつしか被災の悲しみや辛さを心の中に押さえ
 てきた『うを座』の子供達は、久しぶりに『歌い踊り、演じる』こと
 であらゆる感情が溢れ出て来るようで、今まで見たこともない溢れん
 ばかりの笑顔と涙を流しながら、毎日暑い中冷房のない小さな部屋で
 9時〜21時まで稽古に励んできました。
 
 8月19日、19時間かけて気仙沼からバスで到着した子供達10人は、徳
 島の『夢創り』の子供たちに温かく迎えられました。
 
 そして歓迎会で、『うを座』の代表の子供が
 
 「徳島の皆さんのお陰で大好きなミュージカルの舞台に出演すること
 になり、本当に感謝しています。私たちは震災で故郷の町が津波に飲
 み込まれてしまいました。
 
 とても一言では言えない悲しい体験をして来ましたが、私たちは徳島
 の皆さんにこの震災でのいろんなことをちゃんと伝えたいと思います
 ので、なんでも聞いて下さい。
 
 そして皆さんと一緒にこの『夢つむぎの詩』を通して、希望を持つこ
 との大切さを観客の皆さんに伝えたいと思います。」
 
 と、涙を流しながらしっかりと挨拶してくれました。
 
 
 気仙沼の子供達のこの「涙」はきっと徳島の子供達の心に・・・そし
 て未来に、大きな『種』を蒔いてくれたと思います。
 
 
 この作品を通じて「時間と心」を共有することで、きっと将来、この
 子たちの手で『夢の時代』を紡いでいってくれると信じています。
 
 
 『うを座』の子供達が稽古に参加してまだ4日。
 
 徳島の子供達も、うを座の子供達と共にこの作品を演じる意義をしっ
 かり受け止め、今ではずっと前からの同じ劇団の仲間のように、日々
 一生懸命稽古に励んでいます。
 
 そして、『夢つむぎ』は心の中にあるだけでなく、一緒に演じる仲間
 たちも自分の大事な『夢つむぎ』なのだと、ちゃんと感じてくれてい
 るようです。
 
 
 作品で歌われる曲は全て、今はもう歌われなくなってきた『椰子の実
 』『ふるさと』『この道』など昔の日本歌曲で繋がれて行きます。
 
 そして最後のテーマ曲には『希望に満ちた時代がきっとくる、きっと
 来る。夢に溢れた時代がきっと来る、きっと来る!』
 
 という歌詞があり、子供達がしっかりと力強く歌い上げています。
 
 
 稽古中、気仙沼の子供達がこの歌詞を力強く歌う瞳に、毎回思わず涙
 してしまいます…。
 
 
 子供たちの持つ「魂の光」は本当に眩しい限りです。
 
 
 その『光』が日々いろんな人々の「思いやりの心」の扉を照らし出し、
 開いてくれています。
 
 あと本番まで5日!!!
 
 
 この舞台に関われることに心から感謝し、「思いやりの心の波(CARE-
 WAVE)」が徳島の方たちに届くことを信じて、大声で指導しながら(
 陰でこっそり涙しながら)子供達を見守って行きたいと思います。
 
 
  
 CARE-WAVE: http://www.geocities.jp/carewavejapan/index2.html
 
 (鎌田 真由美)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■編集後記
   
 みなさま こんにちは。
 
 yuraraさんの記事にも書かれていましたが、前回のメルマガ発行時か
 ら、ダイエットを心がけています。ダイエットと言っても、摂取総カ
 ロリーを抑えることと炭水化物の摂取を抑えることを意識して食事を
 しているだけの簡単なものですが、少しづつ効果がでています。今の
 ところ4%減ですが、20%減を目指しています。私の場合、食べる量
 が増えて体重が増えたので、減らすのはそんなに難しくないのかなと
 いう気がしています。
      
 次回のメルマガは、9月20日発行予定です。投稿もお待ちしています。
 内容や文字数などの設定はありませんので、お気軽にご投稿下さい。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【投稿・ご意見・お問い合わせ】 june_no_news@yahoo.co.jp
 
 ▼メールマガジンへの投稿
 何でも結構ですので、お気軽にご投稿お願いします。
 
 ▼メールマガジンの購読停止・登録メールアドレスの変更はこちらから
 http://junescene.com/noproblem.html
 
 ▼メールマガジンのバックナンバーはこちらから
 http://junescene.com/mgzn.html
 
 編集担当:中内
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ▼その他お問い合わせはこちらからどうぞ。
  http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P60215949
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 発行:Junescene
 Copyright (c) 2006-2011 Junescene All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール一覧に戻る